口内炎や喉にも感染する性病はSTD治療薬で治せる

口を鏡で気にして見ている女性

実はあまり知られていることではありませんが、口内や喉にも感染する可能性が秘めているのがSTD性病になります。
代表的な病名は、クラミジアと淋病が多く挙げられますが、それ以外にヘルペスやカンジダは口内炎の原因になったり、そして怖い病気でもある梅毒や不治の病として知られているHIVに感染することもあります。

性行為の多様性からオーラルセックスが一般的になっています。
喉にも感染しますし、口内炎の原因を作ることがあります。
性病予防にもなるコンドームは一般的に避妊をするために道具という認識が強いですが、性病も予防する道具になりますので、オーラルセックスの場合でもつけておくと喉への感染や口内炎の原因を避けることが可能です。
しかしながらオーラルセックスでコンドームを付ける人が少ないですので、感染する可能性も高くなっています。

口内炎であれば症状が出やすいですので、対処方法もありますが、喉に感染した場合、多くの方が感染に気付かないことが多いです。
そうなると知らない間に他の人に移してしまうこともあります。
オーラルセックス自体が性行為の一般的動作になっていることから、ちょっとした一晩の過ちで感染し、後日大切な人に移してしまうというケースも考えられます。

性病はSTD治療薬で比較的容易に治療することができます。
どんな感染症にしてもそうですが、症状が軽い時にSTD治療薬を用いるのが最適な治療法になります。
なかにはHIVなどSTD治療薬で治療をすることができない病気もありますので、なんらかの心当たりがある場合は、積極的に検査を受けることをおすすめします。
最近は自宅で検査をすることができる検査キットもありますので、使用してみると良いでしょう。