感染症の一種STDとSTD治療薬について

STDとはSexually Transmitted Diseasesの略で、性行為で感染する可能性のある感染症の総称です。
ヘルペスやカンジダ、クラミジア、淋病といった名前を聞いたこともあるでしょう。
感染症には空気感染や飛沫感染をするものもありますが、STDは、感染している人との性行為により感染します。
病原菌を含む精液、腟分泌液などが、口や性器の粘膜、皮膚に接触することで感染します。
性行為以外の日常生活においては通常感染することはありませんが、性行為がなくても血液を介して感染することがあります。

最近は性の低年齢化に伴い、高校生の間でも感染が広がりつつあります。
また中高年でも感染率が高くなっています。
また誰とでも性行為をするような乱れた生活をしていなくても、過去のパートナーであったり、そのパートナーが感染していた可能性は誰にも否定できません。
こうした人のつながりのなかで誰か一人でも感染していれば自分にも感染する可能性はあるのです。
その意味で性感染症は特別な問題ではなく、誰にでも関係のある病気なのです。

ひょっとしてSTDに感染したかもしれない。
そうであれば自宅で検査できる検査薬も通販で購入することができます。
これなら他人に知られる危険もありません。
ではSTD治療薬はどのようにすれば手に入るのでしょうか。
やはり病院で受診して医師に処方してもらうしかないのでしょうか。
病院であれば、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科を受診してみるのがよいでしょう。

ところが性感染症となると風俗街の病気というイメージがあり、抵抗を感じる人もいるはずです。
病院までの交通費や診察代を考えると費用も高額になります。
実はSTD治療薬もネットで購入することが可能です。
例を挙げるなら、ヘルペスに感染した場合はバルトレックスを通販で購入できますし、カンジダに感染した場合はニゾラール錠を購入することができます。
薬の個人輸入とその代行サービスを利用すれば、処方箋がなくてもSTD治療薬を購入することが可能なのです。