知らぬ間に不妊症になる代表的なSTDとSTD治療薬

もうすぐ生まれそうな大きなお腹の妊婦

STD(性感染症)の中にはSTDに感染しても自覚症状が少ないものがあり、さらに自覚症状の少ないSTDの中には不妊症につながってしまうSTDがいくつか存在します。
その代表的なものとしては性器クラミジア感染症があります。

性器クラミジア感染症はクラミジアの1種であるクラミジア・トラコマチスという細菌が尿路や性器に感染することでなる感染症です。
感染すると2日から2週間で発病します。
男性の場合の症状は軽度の排尿痛や尿道近辺がかゆくなる、尿道から透明な膿が出て下着にシミがつくなどといった自覚症状がありますが、女性の場合はおりものが少し増えるとか少し性器がかゆくなるといった程度なので自覚症状が乏しいです。
そのために知らないうちにパートナーにうつしていたり、うつされていたりということがあります。
そのまま放置しているとクラミジアが体内深部に進行し女性の場合は子宮内腔をおおっている子宮内膜が炎症を起こしたり、卵管が炎症を起こしてしまってこれが子宮外妊娠や不妊症の原因となり、また絨毛膜羊膜炎などにかかれば流産や早産の原因になることもあります。

男性の場合は尿道炎になりそのままにしておけば精巣上体に細菌が繁殖し炎症がおきます。
そうなると治療をしても精子の通り路が塞がってしまうので無精子症という男性不妊症の原因となってしまう可能性があります。

性器クラミジア感染症の治療としてはSTD治療薬があります。
クラミジアに効果のあるSTD治療薬としてはマクロライド系・ニューキノロン系・テトラサイクリン系などの抗生物質を投与します。
治療期間は通常2週間ほどとなります。
また抗生物質などのSTD治療薬は途中で服用をやめてしまうと菌が薬剤に対して耐性を持ってしまうということがあります。
治らないで症状が悪化する可能性もあるので、性器クラミジア感染症の場合も医師の指示通り服用し、経過をきちんと確認する必要があります。